ABOUT

構造デザインに対する想い

構造デザイン 」という言葉には、構造に対する私の考え方や想いが詰まっています。
“構造設計”という言葉では少し足りない、それでは説明しきれない広がりと可能性。
そんな構造デザインに対するこだわりとチャレンジはこのように生まれました。

そもそも構造デザインって?

私は、構造設計と構造デザイン という言葉を分けて使うようにしています。
私の考える構造デザインとは、次のようなもの。

  • 建築に限らず、重力に対し力学の知見を使って構造をデザインすること。
  • 構造設計よりもっと自由に構造を発想し、デザインすること。
  • 空間に応じて素材と架構を結ぶデザインをすること。

構造デザインと出会う

中学生の頃、家族旅行で
シドニーにあるオペラハウス を見たとき。
当時は、中学生なりに言葉にならない感動を覚えていたと思います。
その建物の大きさからか、建物の持つ美しさからなのかはわかりませんが、
その時から建築に興味を持つようになりました。
いま思うとこれが
構造デザインとの出会いでした。

大学では、
自由曲面をデザインする 研究、
テンション構造 に関する研究の道
に進み、
業界の第一線で輝き、恩師でもある佐々木睦郎氏の背中に憧れ、学び、
構造デザイナー としての指針が少しずつ明確になっていきました。

セシルバルモンドの著書にも影響を受けました

構造デザインを学ぶ

社会人になり、昼夜問わず構造デザインと向き合う毎日を過ごすように。
実は、この時に仕事に対する社長のスタンスをみて「やってみよう 」の大切さを実感しました。

  • 新しいことに常に挑戦する向学心
  • 他社にはない独自の技術を追求する姿勢
  • 建築家の要求に対して必ず「No」と言わないこと。

このスタンスに触れていく中で、多くを学び、努力の結果、
構造デザインに対する想いを実現するため開業することを決意

これからのこと

やってみよう 」の気持ちを構造デザインへのこだわりに込めて、
私はこの会社を立ち上げました。

構造デザインの技術を持って、あなたの想いを形にできるまで丁寧に向き合います。
こんなことできるかな? と思ったら、気軽に声をかけてください。
一つひとつの出会いを大切に、私との出会いを特別に感じ出ていただけるように。
日々学び、新しい技術に挑戦します。

はじまりから併走します!

あなたと一緒に「やってみよう」を
始められることを願って。

お問い合わせはこちら

PROFILE

\やってみようからはじめましょう!/ 清水良太

清水良太 - Ryota Shimizu
CEO / 一級建築士・構造設計一級建築士

1986
千葉県出身
2010
法政大学大学院修士課程修了
2010
TIS&PARTNERS入社
2014
TIS&PARTNERS取締役就任
2017
TIS&PARTNERS退社
2018
(株)清水良太構造デザインスタジオ設立
趣味
ロードバイクとバスケと漫画と食べ歩き
特徴
たまに愛犬を抱きながらオンラインミーティングをしてしまいがち
けっこう多趣味なのです
\骨格からデザインを軽快に!/ 小倉直幸

小倉直幸 - Naoyuki Ogura
Partner / 一級建築士

2010
立命館大学理工学部卒業
2012
名古屋大学大学院修士課程修了
2012
TIS&PARTNERS(厚肉床壁構造・木質建築等を担当)
2016
tmsd/萬田隆構造設計事務所(鉄骨造のホテル・歩道橋等を担当)
2018
プランテック総合計画事務所(制振構造の超高層ビル等を担当)
2020
(株)清水良太構造デザインスタジオ参加
趣味
ツーリング、楽器演奏
豊嶋夏菜子

豊嶋夏菜子 - Kanako Toyoshima
Member

2018
東京理科大学工学部建築学科卒業
2020
(株)清水良太構造デザインスタジオ参加
趣味
旬の食材を食べること